家族に代わって維持管理

position of pastor in funeral

家族自らが墓地まで訪れてメンテナンスを行う外墓埋葬は、お墓の場所が自宅から遠いと非常に大変な作業だと言えます。
しかし放っておけばお墓というのは経年劣化をしてしまいますので、できれば定期的な手入れをしておきたいと家族は思うでしょう。
そういった問題に対しても上手く対応できるのが納骨堂施設です。
多くの納骨堂では年間維持管理制度を設けていますから、一定の管理費用さえしはらえば、毎年納骨堂運営者がお墓の清掃を定期的に行ってくれるのです。
屋内施設とは言え長期間放置していれば、ほこりやカビなどで汚れてしまいますから、良心的な料金設定で頼む事ができる年間維持管理制度はありがたいと言えるでしょう。
故人への敬意はもちろん、定期的な清掃をやってもらう事で家族の気持ちが安心するようになります。
同じ理由で納骨堂には永代供養制度というのもあり、こちらはきちんとした僧職の人間が故人へお経を上げ続けてくれるという制度です。
お墓詣りも清掃と同じように定期的に行っておきたいものですから、忙しい家族に代わって弔いを代行してくれる永代供養制度は同じく気持ちが楽になれる要素なのです。
永代供養制度や年間維持管理制度は納骨堂施設それぞれで費用が異なりますから、人気納骨堂ホームページなどを参考にして料金相場を調べておきましょう。
どちらも納骨堂を利用する、ほぼすべての家庭がお願いする管理制度なので、それぞれの料金やプラン内容について細かく把握しておくようにして下さい。